もりのうらにわ

だれもうまない

おひさしぶりです。

前回の投稿から4年ほど経っていました。

ずっと放置していましたが、、

久しぶりに過去の記事を読んで、あまりにも懐かしくて思わず泣きそうになりました。

たまにでも日々の記録を残しておくのはいいことです。

私は相変わらず鶏を飼っています。

今は9羽もいるのです。

丸々太って元気なのに、なぜか誰も卵を産みません。

卵をうむのを忘れてしまったかのように、、

だれもうまない!!!

お店で買う卵はこれが最後、きっと明日は誰か産んでる…

そう思いながらパック入りの卵を買うのですが、、やはりだれもうまない。

産まない鶏が1羽くらいいてもいいけど、9羽揃ってうまないのはなぜなんだろう。

早くシフォンケーキやカステラやオムレツを山ほど焼きたいです!

 

  2020.1.15   miho

Comment on this article

≫ ぐっさん
「にわとり」「卵を産まない」でググってみるとどなたかのブログにこんな理由が列挙されとりました。

1.「温度」
鶏さんたちは汗をかくことができません。気温が高いと体温調節ができず夏ばて。冬は気温が低下するので体温をあげるために力を使うため卵にまわらない。
2.「餌をあげる人」←これ重要だそうです!
鶏さんたちは餌をくれる人というのを認識してるのだそう。同じ人が同じ時間帯に餌を与えてくれないとストレスなんだそうです。
3.「卵をとる人」
鶏さんたち、卵を持っていかれるのストレスなんだそう。いろんなひとが出入りするのはNGらしいです。
4.「空気循環」
鶏さんたち、トリなんで?!空気のきれいなところがいいようです。

たぶん、2. 3. 4. は当てはまりませんよね?ってことは、1. ですかねぇーー。春を待つことにします?!

Send comments

  ※ Email will not be published
ページトップへ戻る